ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

地球交響曲 第7番

待望のDVD「地球交響曲 第七番」が届きました。

第七番を見たのは、ちょうど身体のバランスを崩していた時。
私の身体から私に語られていたいろいろなメッセージに気づいたその時、ごめんねって思った。
私の身体は私にしかわからない。
ちゃんと見つめなきゃいけないなと。
それから自分に向き合った。
いろんな本を読み、整体に通ったり・・・
もっと知りたい。
心と身体、精神と肉体のかかわりをもっと知りたくなった。
そんな時に出会った作品「地球交響曲 第七番」

『全ての生命が潔く健やかに生き続けるために』

穏やかに伝わってくるメッセージに心と身体がゆっくりほぐれていった。
なにげない自然の原風景に涙がながれた。
ゆっくりとながれる浄化の涙。
特に大好きな自転車で悩んでいる時期だったので、
グレッグ・レモンの「みんな自転車に乗ったらどうかな」の言葉にはとっても励まされた。

第七番は私にとって特別な作品となりました。
2度上映会に足を運び、どちらとも上映会のあと龍村仁監督の講演会がありました。
龍村監督と出演者との出会いのエピソードは
奇跡でもあり運命でもあり必然なもの。
思いはなんらかの作用が働いて相手に伝わる。
たっぷりとエネルギーを受け取って帰りました。

届いたDVDを改めて観ました。
適度な急がない「間」が
こちらに「考え、まとめる」事をあたえてくれます。
それと、癒しも。。。
観るその時々で受け止め方は違うと思います。
「無」「神」「道」、、、それでいい。
自発的治癒力を高めるための心の常備薬として
いつもそばに置いておこうと思います。
[PR]
by kazeoshie | 2012-07-11 08:56 | 特に私のこと
<< 橋本の梅 ベランダで自然栽培 >>