ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

ぶらり輸液さんぽ♪ ⑧

今日はイチのデトックスのお話です。

そもそも猫の腎臓病、慢性腎不全とは

血液中の老廃物をろ過し

尿として排出する役割を果たしているネフロンという組織が

少しずつ壊れていき

腎臓全体のろ過機能が低下してしまうのが慢性腎不全です。

腎臓の組織はいったん壊れると、治療をしてももとには戻りません。

んー、もとには戻らない。。。

初めにこのことを知った時にはとてもショックでした。

検査の数値も悪かったし。。。

めちゃ落ち込みました。

でも夫が「水やと思う」に続き、またいいことを言いました。

「数値はあくまで数字」

はっ!と我に返れました。

ほんまにそうやわ。。。

世の中は不思議なことや奇跡がいっぱい。

例えばこんな人や → 前編 後編

青汁だけで生きている人や

今読んでいる本 「がんが自然に治る生き方」

など、まぁ人ですがね。

元気になったよ!腎不全?病気はどこへ?

となることも絶対にある!と私は思っています。

猫なんて人間よりも野生の勘など絶対優れているはず。

なので、ケミカルではない

自然のものでデトックス出来ないか?と。

そこで調べて実践してるのが

「ディエンチャン」と「びわの葉温灸」

「ディエンチャン」は心友から

「びわの葉温灸」は自然療法で有名な東城百合子さんの著書で知りました。

びわの木、うちにあるじゃーん!ラッキー!

温灸って言っても

びわの葉を洗って乾かしストーブで炙り

2枚の葉っぱのつるつるの面を合わせてこすり

イチの体にあてがいます。

何故かイチにあてた葉っぱが黒く色が変わる。

デトックス効いてそうですね~!

信じる者は救われるのだ☆



最近の外出時のお気に入りは
ストロングポーターに乗ることです
ストロングでポーターです♪
e0271717_1723578.jpg

[PR]
by kazeoshie | 2015-02-02 17:32 | イチのこと
<< 柿酢 書籍 「絶対音感のドレミちゃん」 >>