ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

ぶらり輸液さんぽ♪ ⑥

お水は「ゆの里 金水」に「太古の水 原液1滴」を混ぜたもの。

ご飯はロイヤルカナン消化器サポート

これに「ケイ素の恵み」をふりかけています。

しばらくはこのセットで始めました。

便秘対策として

朝にはヨーグルト大さじ半分に

ビオフェルミン1錠とイージーファイバーをスプーン半分弱を混ぜたものもあげています。

お薬ですが

解毒のネフガードは便秘になる、との情報があったのと

イチが嫌がるのと

なんとなく私も要らんのでは?と思ったので(直感でしかありません)

与えていません。

口から入れる体内の解毒は

お水「ゆの里 金水」に「太古の水 原液1滴」と

食事からの「ケイ素の恵み」に頼むことにしました。

お薬をまとめると。。。

・セミントラ (朝) 毎日と

・フィットケア(カリウム)は様子をみて時々

・便秘用の内用薬(油)は2日に一度程度

です。

イチが普通の猫より小食で最近は以前にも増して

食べなくなったのを考えてのことです。

あくまで私達の自己判断です。

イチの様子を見ながら臨機応変に。

お食事ですが

はじめはロイヤルカナン消化器サポートをだけを食べてたのですが

現段階(2015/01/29)は

ロイヤルカナン消化器サポートを中心に

市販のウエットのフードや

食べたいものをあげています。(鶏肉や火をとおした刺身用の魚)

それも何故そうしたか?と言うと

ロイヤルカナン消化器サポートを食べない日でも

(ちなみにロイヤルカナン消化器サポート

日によって食べ方もまちまちです。

お皿に入れても、一度には5粒くらいしか食べなくて

一日かけてちょこちょこ食べたり、食べない日もあったり

なので規定量よりすごく少ないです。)

私達が食事をしていたら近くに来てじっと見つめて

すきがあれば猫パンチで奪っていくのです(笑)

以前はそんなことはありませんでした。

食事中のテーブルに乗ることもしなかったし。

食事中ぱっと目を離した隙に

鳥の骨をくわえて「う~~~」と獣の鳴き声をあげたり(笑)

キッチンから生麺を袋ごとくわえて「う~~~」と獣の鳴き声をあげながら居間に現れたり(笑)

お店で買った揚げたてのささみチーズフライを袋ごとくわえて・・・以下同(笑)

などね、うぷぷ。

昨年の10月に和歌山へ移住してから

大阪のマンション生活とは180度違い

自然がいっぱいで時々お庭で散歩もしています。

それで野生のスイッチが入ったのかも。

良い事ですね!

今は「生きる」という、みなぎる活力が

体がほしがる物が必要としている物と思うし

その気力が生きる力にもなると思うし

世間では腎臓病には〇〇がダメ!とか言われていても

イチがそうしたいのだからを優先にしています。

あれダメやこれダメじゃ生きていてもつまらないし。

かと言って塩分の多い物や

常識としてあかんやろとかはあげていませんよ。

もちろんですがね!


スプーンくわえて
「う~~~」もしました。
獲物とまちがえました。
e0271717_10413968.jpg

[PR]
by kazeoshie | 2015-01-29 10:41 | イチのこと
<< ぶらり輸液さんぽ♪ ⑦  猫 ... ぶらり輸液さんぽ♪ ⑤ >>