ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

ぶらり輸液さんぽ♪ ⑤

さて、病院からもらってきた薬ですが

●セミントラ経口液(腎臓病) 朝

●フィトケアK60(カリウム) 朝 夜 ←カリウム値が低かったため

●ネフガード(炭、解毒用) 朝 夜

●内用薬(便秘用 油) 朝 夜

そして1、2日おきの輸液 200~250CC

以上を今日から、、、、、

夫と相談しました。

もちろん薬も有難いです。

脱水の為や腎臓の負担軽減の輸液も大切です。

でも、でも、今日からいきなりずっとこの生活を続けるのか?

それがイチのベストなのか?

昨日の今日で病気に関する知識もありません。

まずは情報をインターネットで集めました。

猫 腎臓病 で検索。

すると

沢山の悩んでいる人達がブログなどで発信していました。

猫は元々砂漠のような水の無いところで生活する動物で

最小限の水分で体を維持出来る機能になっているそうです。

一説では飲水量が少ないため

濃縮した尿を作るのに腎臓に負担がかかり

老齢期に入ると腎臓病になりやすいのではと考えられているそうです。

猫と暮らすのはイチが初めてで、かれこれ13年。

病気とはほぼ無縁だったので全然知りませんでした。

そして、猫 便秘 でも検索。

やはり悩んでいる方々が多くの情報を発信していました。

もう沢山調べました。

でもそれはあくまでその人達の情報で

イチに合うのかを選択するのは私達夫婦です。

ふと、夫が言いました。

「水やと思う」

人も動物も体の大部分をしめる水。

水は無くてはならないものです。

放射能汚染も心配で水の事は以前にいろいろ調べたり

水は、生命の営みに必要不可欠なのは十分に分かっています。

口から取り入れて生きる力になる水。

腎臓は余分な毒素をこして尿として排出する臓器。

夫の意見に私も納得です。

もともと浄化した水をあげていましたが変えました。

有難い事に、自動車で10分の所に「ゆの里」があります。

(ゆの里のことはいろいろネットに上がっています。不治の病が治ったり

不思議なパワーのある水です。)

入浴料1000円で

ひとり20リットルのポリタンクを5個、お水(金水)を持って帰れます。

この「ゆの里」の水に

以前に購入していた木内鶴彦さんの「太古の水」の

原液一滴混ぜたものを飲み水として与えることにしました。

お水は決まりです。

イチに良いことを、身体に合うことを願ってのスタートです。


心友Uちゃんのお手あては
イチの自然治癒力を
引きだすのです
なにより、気持ちいいニャ♪
e0271717_837399.jpg

[PR]
by kazeoshie | 2015-01-28 08:37 | イチのこと
<< ぶらり輸液さんぽ♪ ⑥ どうか無事に >>