ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

熱が出た日

e0271717_8584971.jpg

意味のない事なんて起こらない…

改めて実感しました。

先日の夜、寒気がするな…と思ったら次の日朝微熱が出ました。

その日は15~18時、18:30~21時と2人の女性利用者さんのガイドヘルパーでした。

どちらもスポーツセンターでのトレーニングの付き添いでした。

後者の方はジムですが、前者の方はプールにするかジムにするかをその時に決められるので両方の準備をして行くのですが、微熱がある私はプールの体力に自信がなく、朝の段階でジムにしてもらえないか?の相談を事業所にして、多分大丈夫だと思います、と返事を頂いていました。

その前者の方は初めて担当する利用者さんでした。

グループホームや作業所に送迎へ行った時や、何度かプールで姿を見ているので顔見知りではありました。

ぽちゃりとしていてショートカットにお花のぱっちん止めをいつもしていて目がクリクリで優しい雰囲気の方です。
プールではたっぷりのウォーキングの後、最後にバタフライをゆっくりですが確実に25m泳ぎきる姿をお見受けしていたので、多分今日もプールに行きたいんだろうな…と、申し訳なく思いながらお迎えに行きました。

対面時、少し残念そうな表情をされましたが直ぐに気持ちを切り変えて「朝、連絡があって聞いたよ。今日はジムにします。しんどくなぁい?大丈夫?」と私の体調を気遣ってくれました。

トレーニング中も「頭痛くない?」や「熱出てない?」と時々私を気にしてくれたり、帰り道、公園で休憩をしながらお話をしている時も「花粉大丈夫かな?」と気遣ってくれたり…

ベンチに座り二人でいっぱいお話しました…

日々の過ごし方や今までのお話、
半年かけて勉強しホームヘルパー2級の資格を取って週1でケアホームでお年寄りのお世話をしたりお茶を出したりしているとも話してくれました。

とっても頑張り屋さんで優しくて、人の気持ちに寄り添える素敵な女性でした。

ぽかぽかの春の陽射しも夕方になって、そろそろ帰りましょうか?となった時

「明日病院に行く日、2週間に一度通っているの」と。

「何処の病院へ通っているの?体調はどうですか?」と尋ねました。

「精神病院、あんまり…よくない」と…

年齢よりもとても幼く見える横顔が一瞬ふっと変わって、その事を抱えて生きている事が表情で伝わって来ました…

優しくて元気そうなんだけどな…

利用者さんもいろんな方がいます。

ダウン症や自閉症で自分の思いを言葉でうまく表現するのが困難な方や、様々な方と出逢いますが、皆さんからいつも私は元気をもらっています。

ふれ合いやかかわり合いで、心が揺れ動き、気持ちが伝わってくる…

楽しい気持ちも嫌な気持ちも哀しい気持ちも…

それを知った時、人はまた優しくなれるんだと思います。

私も久しぶりに体調を崩していまい、支援する側なのに、逆にとても思いやってもらって有り難かった。

3時間のヘルパーだけど、この利用者さんから沢山の事を教えてもらいました。

体調を崩したのもこの利用者さんの担当になったのも、お互いにいろんな事を感じて…とても意味のある時間、経験。

私も利用者さんも忘れられない日になったと思う。

帰り道、歩く歩幅は自然に…

無事にホームまでお見送り出来ました。

追記

その日の夜は高熱に(笑)

体調を崩してもなかなかうまく熱を出せない身体なので、しんどかったけど嬉しかった。

次の日朝病院へ行きインフルエンザでは無いことを確認しました。

今は心地よいスッキリ感。花粉症ですが、日々体調を整えて無理しないようにしなきゃ!

今日金曜日のガイドヘルパーはクッキングです。

楽しみに行ってきます(*^^*)
[PR]
by kazeoshie | 2014-04-18 08:51 | 告げ知らせる者
<< @南港三角公園 東の友に逢い、答えを得る >>