ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

そもそも総研

今日の「そもそも総研」は見終わってめまいがした…

テーマは「日本のコメは強くなれないのだろうか?」

競争力をつけるには…

競争力 = 価格の安さ

価格の安い所には勝てない…とのことで

安いコメにするためにと次の二つが紹介された。

「みつひかり」と「乾田直藩」

…なんだそれ?

「みつひかり」とは多収米で1.5倍の収量だと。

インタビューに答える開発者の肩書は

三井科学アグロハイブリッドライス種子グループ

…何だか、あやしい…

「乾田直藩」とは乾いた土に直接モミをまく方法で

稲が雑草に勝つためにいい除草剤が出来る様になった

と農研究機構の研究員が答えていた。(除草剤必要)

モミは鳥害対策のピンク色にコーティングされたモミだった。(鳥が苦くて食べれない薬)

稲を育成する手間やビニールハウスなどの設備投資も必要なく大幅なコストダウンだと。

…私の身体が、胸が苦しい…

コーナーのむすびは

「日本のコメは近代化すれば戦える、食料安保と国土を守る為に全力を挙げる時ではないか」

…めまいが…

見終わって調べてみた。

「みつひかり」はハイブリッド品種で栽培するには種子を購入しないと栽培できません。

と三井科学アグロ株式会社のHPに書いてあった。

F1だから種を企業から買い続けないといけないのね…

「乾田直藩」も除草剤がないと育たないから除草剤を買い続けないといけないのね…

食料安保と国土を守る為と言うより、企業の儲ける為なのが見えた…

除草剤に強い種子や鳥も虫も食べないなんてコワイし不自然。

自然に逆らったらどうなるのか?

歴史を見直したら見えてくるのにな。

高度経済成長の公害とか…

原発や秘密保護法や自給自足を取り上げる興味深い「そもそも総研」

玉川さんはわざと今回のテーマを取り上げたのかな?

にしては難しすぎて視聴者には伝わりにくい。

4月から火曜日のレギュラーになった岩上安身さんに聞いてみたいと思いました。

いろいろ勉強になります。
[PR]
by kazeoshie | 2014-05-01 13:51 | 未来へのみちのり
<< 自由人 @南港三角公園 >>