ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

映画 「モバイルハウスのつくりかた」

なんとなーく近所のシネヌーヴォ、今何を上映してるのかなー?
って調べたら、おもしろそうな映画「モバイルハウスのつくりかた」が上映中だと。
見に行ってきました。

建築家の坂口恭平さんのドキュメンタリー。
「ひとはゼロ円で生活することができるのだろうか?
住むとは? 暮らすとは? 生きるとは?」

ゼロ円とは言わずとも、今ちょうど、まったくこれからの私のテーマと重なって、引き寄せですかね。

出会いに感謝、この映画おもしろかったです。

内容はもちろん浜村淳のように多くは語りませんが、

26,000円で材料を買い移動可能のお家をつくる話。

そこから見えてくるこれから生きるためのヒントがいっぱいありました。

制作過程はワクワクです。昔基地をつくって遊んだ感じ・・・

プラモデルや工作好きの男子なんか観たらおもしろく感じるんじゃないかな。

あっ、ブロンプトン好きの人も絶対好きだと思う!映画観ていてブロ好きな仲間さん達の顔がいっぱい浮かびました(笑)
この部分は☆☆の得意分野、電気系は〇〇さんに相談できるーってね!

テーマから見えてくる事は深いですよ。

いっぱいの事つまってます。

是非おススメです。→ モバイルハウスのつくりかた
[PR]
by kazeoshie | 2012-09-14 14:42 | 未来へのみちのり
<< 震災がれきの広域処理を考える学習会 「禁原発」 平智之議員 (後日... >>