ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

広域処理 大阪市役所前 抗議行動

梅田に出た時はバスで帰ることが多いです。

えっ、自転車じゃないの?って。うん、、、駐輪場がまだまだ少なくて繁華街はアクティブになりにくいんですよね。この話で思う事はまた別の機会に述べるとして。。。

そう、バスの利用が多いです。

梅田(大阪駅)からバスに乗りしばらくして思い出した。

「今日火曜日は確か大阪市役所前で広域処理の抗議行動をやってるはず・・・」

衝動的!に淀屋橋バス停で下車。

参加してきました。

1回目の市役所前の抗議行動は,IWJ - Independent Web JournalでLIVE視聴していました。

少々あらあらしいお言葉とかもあったりするのですが、発言されている内容はすべて共感できるものでした。

痛みを分かち合うのであれば瓦礫を分散させるのではなく、避難してこれる安全な場所や安心な食べ物を提供することのほうが切実ではないのか。

今はまだ安全であろう場所が汚染にさらされる事の危機に対して真剣に学び発せられる言葉には重みがありました。

同じ思いを持っていることを知ってほしくて、衝動的にバスを降りたのでした。

まだまだ決して多い人数は集まっていませんが、現地に来れなくても、ネットなど利用して、少しでも多くの人が問題に対して目を向けてほしいと思う。

橋下市長や松井知事の本当はこう思っている事なども見えてきます。

危ないです。

住みよい街にするには自分たちで造っていくしかないのです。

任せているだけで反論(その声すら無視される事が多いですが)ばかりじゃ何も変わらないと思う。

私の意見なんてちっちゃくて・・・なんて遠慮しなくていいと思う。

私も自信がなくて勇気がないときいっぱいあります。

でも、気づいてしまったコト知ってしまったコトに目をそむけることはもう出来ません。

がんばっている人たちがいたら応援したいし、声を届けたいと思っています。

そんな輪がうねりとなって和になっていくのだと思います。

同じような事が田中優さんのメルマガに載っていました。

『 原子力規制委員会人事をなぜ問題視するか 』から一文を転載。

 こんなんじゃダメだと思ったら、みんなで騒ごう。
「何を騒いでるの?」と聞いてもらえたら説明しよう。ここで決められたら撤回させられない。  だって独立性が高いんだから。 まだ国会での承認が残っている今だから、国会議員に「承認しちゃダメやん」と伝えないと。   実際、モノ考えている議員たちは問題にしてる。その人たちをもっと心強くしてあげないと。

「その人たちをもっと心強くしてあげないと」

私はひとりじゃ生きていけません。

だからこの言葉すごくわかる。

原発なくすのえらい大変。

国民の声なんて平気で無視していろいろ決めちゃうんだから、ほんとにもう!です。

だったら、そことは戦わず、

自然を汚さない地球資源も使わない新しいシステムとか考えている人いっぱいいるからそっちを応援すればいい。

そんな人達を応援して心強くしてあげればいい。

デモや抗議行動へ行くと、そんな情報もチラシで知ることも出来ますよ。

勉強会や講演会の情報がいっぱい入手出来ます。

みんなすごく勉強されています。

私もこれからもこのブログでも目からうろこのハッピー未来情報、いっぱい載せていきたいです!

話の着地点がかなり楽天的になっちゃった、まあいいか(笑)
[PR]
by kazeoshie | 2012-08-17 13:17 | 未来へのみちのり
<< 映画 奇跡のリンゴ 映画 「降りてゆく生き方」 >>