ブログトップ

かぜがおしえてくれました

kazeoshie.exblog.jp

電車の親子

先日地下鉄に乗った時のお話。

まばらに座っている車両。私の前に座っている親子。

母親は30歳くらい子供は女の子で4歳くらいかな。

化粧はしていなくて少々疲れ気味。携帯片手にメールを打っていた。

子供も疲れているのか、起きているけどぼーとしている。

小さいから足がぴっと座面にまっすぐにのびている。

素足にビニール製の青いスリッパをはいていた。

横になったり座りなおしたり、子供とは時々目が合った。

もう片方の母親の左手は、、、子供の右手を握っていた。


・・・親子の繋がれた手。優しく握られた手・・・


いろいろ想像してしまった。

「生きていたら日々いろんな事があるけど、きっと一生懸命に生きているんだろうな」

子供が母親に話しかけた。

子供の耳元に顔を近づけ語りかける母親。

2人の顔が少しほころんだ。


親子は先に降りていくようだ。

子供が座席からピョンと降りた時、キュっ

歩くと、キュっ キュっ キュっ キュっ、、、、

昔よくあった音の鳴るスリッパだった。

かわいい音に安心した。

ここにいるよ。そこにいるんだね。な音だった。

「元気にごはんいっぱい食べておおきくなるんだよー」

3駅程の時間でした。

みんなそれぞれの日常。

いろんな事があるけど、前を向いて歩いていきたいな。

そう、もうすぐ、いわさきちひろの映画が始まるはず。。。

母親と観に行こうかな。

e0271717_10284146.jpg

[PR]
by kazeoshie | 2012-07-13 11:21 | 日々つれづれ
<< 大阪市 広域処理関連 橋本の梅 >>